未経験からフリーランスに

フリーランスとして仕事を始める前に用意したものリスト

こんにちは。

フリーランスとして働きたい!という声を聞くことが最近多くなってきました。
それと同時に「何を準備したら良いの?」と聞かれることもままあります。

ぶっちゃけこれを準備したら正しいというものはありません。
ただ、これは準備して置いた方が良いものはある、というのが正解かなと。

今回は、私自身がフリーランスとして動き出すときに「準備して置いてよかったもの」と「準備しておきたかったもの」を紹介しようと思います。
今後フリーランスとして活動したい!と思う人の参考になるなら、ぜひ見ていってください。

フリーランスになる前に準備してよかったもの

最初は準備して置いてよかったものをご紹介。

パソコン(仕事道具)

Webの仕事をしたいならこれがなかったら始まりません。
パソコンは断然ノートパソコン。
「デスクトップじゃだめ?」と聞かれますが、仕事は家の中で引きこもってやるだけではないんです。
後々にお客様との打ち合わせや、外で気分転換しながらしたい時も出てくるかもしれません。そんな時にデスクトップパソコンしかないと、見せながら説明したり、移動させたりすることができないからです。

「じゃあパソコンは何が良い?」とも聞かれますが、正直持っていないのならMacをおすすめします。
その理由としては、

  • 効率化できたり便利なツールやソフトが多い
  • 壊れても持ち込む場所が決まっている
  • 年代や機種によっての違いが少ないので、操作などで困った時に聞ける相手が比較的多い

です。
デザインやグラフィックなどの画像を扱うことが多い場合はMacBookMacBook Pro,コーディングやライティングなど、テキストの仕事が多い場合はMacBook Airをおすすめします。
画像編集を多様化すると、どうしても処理速度の問題がでてくるので、最初から高めの物にしておくと安心ですよ。

名刺

まずはこれ。何をするにもこれ。名刺は自分が何をしているかを示す大事な広告塔になります。
なので、決められるのであれば「自分が何をしているかの肩書き」と「屋号」までつけたものを作りましょう。
「そこまで具体的に決められない!」という人は、「自分がなりたいもの」にしてしまいましょう。
私の場合はWebデザイナーだったので、名刺の表に「Webデザイナー」と書いてました。
試しに作ってみるなら印刷用紙を買って自宅プリントでも問題ないですが、顧客獲得に動く時につかうのであれば、きちんと印刷所に依頼したものが良いです。
その理由としては、

  • 家庭用のプリンターと出来栄えがめちゃくちゃ違う(抜群にキレイ)
  • 枚数を多めにする(100枚↑)なら家庭プリントよりお得(インク代と比較して)

です。一度小ロットの印刷所に同じデザインを頼んで比べてみると結構わかります。

私は「この名刺にする!」とはっきり決まっていなかった最初はプリントオンに依頼して、その後名刺のデザインがある程度決まってからは、枚数を多めにグラフィックに頼んでいます。

プリントパック

・グラフィック

自社サイト(ポートフォリオ)

大げさな書き方をしてますが、要は「自分が何ができるのかがわかるもの」です。
ポートフォリオ、と聞くと大変そうなものに聞こえますが、「仕事としてやりたいものがなにか」「これのことなら誰よりも負けない」「こんなことをやってきた」という、営業する相手に知ってほしいものを詰め込んだものを作れば良いんです。

あっさり言ってますけど、ここがけっこう難しい。私も自分との対話はものすごい時間がかかりました。
要は「自分の売り」を作るわけですからね。時間がかかっても良いので、じっくりしっかり決めましょう。

Webからの集客を見込むならWebサイトベース、会社にアポイントを取って会いに行くのなら紙ベースで作ったものがあると良いです。
Webに公開するなら、自分でサーバーを借りて作るのがおすすめです。サーバーは色々種類がありますが、私が一番使いやすかったのはエックスサーバーです。



フリーランスになる前に準備しておきたかったもの

相談相手

これっていないとしんどいんです。
なぜって「困った時に自力で解決するよりわかる人に聞いた方が早いから」。

どうやったらできるか
→直に会って話すのが好き=交流会を探して見つけて行ってみる。(ここで前に書いた名刺が役に立ちます!)
→会ったり話することは苦手=SNSで自分と共通点を持ってる人を見つけてチェックする+話しかけてみる。

かと言って「教えてほしい教えてください!」と自分が求めるばかりでもNGです。どの世界でもくれくれ君は嫌われます。
最初は難しいですが、少しずつ、どんなことでも良いから外に発信できる、教えられるようになりましょう!

フリーランスになる前に準備しなくてよかったもの

高い理想

特にフリーランスとして働く、となると「ここまでのことができないと仕事がないんじゃないか」とか「あの人はあんなことまでできてるから、そこまでの技術がないと無理」と思いがちです。
それも不正解ではありません。
けれど、それよりも大事なのは「自分が仕事としてやろうとしていることに需要があるか」ということ。

でもその判断も難しいです。「これならできる!」と思ったものが全然だったり、「これじゃあほしいと思う人はいないかな」と思ったものに対してオファーが来たりする、なんてことは良くあります。

高い技術は絶対に必要なものではないんです。それよりも「誰に対してその仕事をしたいか」が強い方が、フリーランスとしてやって行くのには必要ではないかな、と思います。

一度自分の考えを振り返って見てはどうでしょうか。