イベント

WordCamp Osaka 2018に参加してきました(スタッフで)

去年に引き続き、関西でもWordCampが開催されました(去年は京都)。
今年は6月2日(土)にセッションデイ、6月3日(日)コントリビューターデイの2日間構成。
テーマは「WordPressとビジネス展開や利用方法について」。
関西だしお金稼いでナンボでしょう!ってことだったとかそうでもないとか。
公式ページはこちらです→WordCamp Osaka 2018

WordCampの参加費は、無料の場合が多いですが今回は有料(2,000円)チケット制。
でも懇親会も含めて当日には完売してました。すごいね。

3日のコントリビューターデイは予定があったので、参加は2日のみでした。
今年はスタッフとして参加してきましたよ!
ということで参加しての感想を書いていきますよ〜。

スタッフは交流の連続でたのしい

担当は8Fということで、参加者の方の誘導が主なお仕事。セッションの前後は人の出入りが多かったですが、それ以外は様子を見にきたり、スタンプラリーの場所を聞きにきたりする方がいるくらいでいたって平和。

セッション中は同じ時間帯になったスタッフの人や顔見せにきた知り合いと話をしたりと、普段あまりできない交流ができたかな〜と思います。

セッションは「すぐ使える話が盛りだくさん」でたのしい

休憩時間中などでちょこっとセッションもみにいきました。
本当は写真でも撮れればよかったんですが…聞くのに精一杯で忘れてました(残念

<聞いてきたもの>

  • WP-CLI を活用したメンテナンスフリーな WordPress の管理運用(木谷 公哉さん)
  • 100%GPLの有料テーマ販売をビジネスとして成立させるための挑戦(キタジマタカシさん)

本当はもうちょっと聞きたいセッションもあったんですがね…! 時間が合わなかったり、満員で入れなかったりとタイミングが合わず。
ただ、今回のセッションは登壇された方が使ったスライドを公開していたり、後日動画も観れるらしいのでそれを期待してます(いつになるかな〜)
個人的に気になってるのは「どれだけかかるの? WordPressでウェブサイト制作、お見積の実際」(深沢 幸治郎 さん)。だってお仕事するなら見積もりって大事ですし!!

スポンサーブースとスタンプラリーがたのしい

4Fは受付&スポンサーブース&休憩スペース。
疲れたらみんな集まれー、交流しようー、という感じで、いつ行っても人がたくさん賑わっていました。コーヒーやおやつもあったし!(それが目当てというわけではない

スポンサーブースは、WordPressに関わりのある企業さんが自分の会社の売りを持っていろいろお話を聞かせてくれました。
サーバー会社はもちろん、独自サービスを展開している企業さんもいて、じっくり話しを聞くにはいい機会でした。Redmineなぁ…使えたら楽しそうなんだけどなぁ…

あと、今回は「会場のどこかにあるスタンプを集めたらルーレットが回せるよ!」というミニゲームもあり。
ワクワクしながら挑戦したら…マスキングテープがあたりました!!
個人的にはタオルが欲しかったんですが、マステもよく使うのでこれはこれで嬉しい〜。こういうオリジナルグッズは好きなので、テンション上がりますね。

WordCampはやっぱり「WordPressのおまつり」という言葉が合うと思う

普段仕事などでWordPressに触れてはいますが、自分以外の人のリアルタイムな話を聞けるのはやっぱりいい刺激になりますね。
こういう大きいイベントはやっぱり「お祭り感」があって好きです。
今年はあとWordCamp Ogijima 2018(残念ながらチケットはもう完売)とWordCamp Tokyoが予定されてます。

Tokyoもずっと気になってるので、今年は行きたいな!